第1,100回例会が行われました。

投稿日:2020年6月24日

今期最後の例会は、第1,100回という切りの良い回となりました。
増留会長による最後の挨拶でコロナ禍の中、会員の協力に対する感謝と御礼がありました。
コロナで約2ヶ月の間、例会中止、地区大会中止、複合地区大会中止、各クラブの記念行事中止など活動が全く出来ないという前例のない事態の中、色々活動を模索する中の運営は、困難が多かったと思います。本当にご苦労様でした。
今期の功労賞(旧坂上賞)は、L.柿元。レオクラブの会員増強、献血運動の推進にご尽力されました。
おめでとうございます。

クラブ旗も無事、中宮次期会長に渡し、いよいよ次期執行部が出航いたします。中宮次期会長、吉峯次期幹事、福留次期会計を始めとする執行部の皆様、宜しくお願い致します。

例会の締めは、今林事務局員のバイオリンで『また会う日まで』を全員で聞き入りました。
コロナの影響で『また会う日まで』は、手つなぎ無し、斉唱無しになったことで、こういう形の『また会う日まで』も良いなと思いました。私はクラシックに全く造詣は深く有りませんが、年のせいなのか最近は、クラシックやジャズに聞き入ることが多くなったように思います。と言ってもジャズ喫茶とかに行くことはありません。何故なら、私はコーヒーの味も匂いもダメだからです。

第1100回.JPG第1100回②.JPG第1100回③.JPG第1100回④.JPG第1100回⑤.JPG第1100回⑥.JPG第1100回⑦.JPG第1100回⑧.JPG第1100回⑨.JPG第1100回⑩.JPG第1100回⑪.JPG第1100回⑫.JPG第1100回⑬.JPG第1100回⑭.JPG第1100回⑮.JPG第1100回⑯.JPG第1100回⑰.JPG第1100回⑱.JPG第1100回⑲.JPG第1100回⑳.JPG第1100回㉑.JPG